INTERVIEW インタビュー

チーフプロデューサー:高篠秀一

①本作に対する意気込みを教えてください。

オリジナルアニメって、世の中に出すまでどうなるか不安でしかありません。この世のどこにもファンがいないところから始まります。意気込みどころかビクビクしています。だがしかし!監督をはじめ、スタッフの皆さんが取り組んでいる現場の熱や思いがストレートに伝わる作品だと信じています!

あの手この手でお客様にお届けする仕掛けを考えるのがプロデュース側の仕事と思っておりますので、たくさんの人の心に響くように知恵を絞っていきたいと思います。

 

②あなたにとって「応援」とは何ですか?

人と人とのコミュニケーションの中に生まれる、不思議な力・・・「気持ちのエネルギー」の応酬みたいなものではないでしょうか?

気持ちを受け取ったり、託したり。プレッシャーになるものあれば、力に変わるものもある・・・。そんなエネルギーの塊のようなものをやりとりするのが「応援」じゃないかなと思います。